メルマガ10周年!

  • 2014.11.20 Thursday
  • 19:54
なかなかメルマガを発行できていないこのごろですが、
先日10周年を迎えました!バラ

10周年記念メルマガがなぜかGmailでスパム扱いされてしまい
(スパムメールにありがちな文字列が含まれているとか…!?)
読者さんの中にも「迷惑メールに入っていました」という方が
いらっしゃいましたので、ブログに転載いたします。。

(以下メルマガ本文)
 


  ★*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*★ 祝・10年 ★*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*★
 ☆        Thank you so much for reading!       ☆


なんと! 明日でこのメルマガがちょうど創刊10年を迎えます。

もう何年も前からお読みくださっている皆さまも、
最近ご登録くださった皆さまも、
いつも温かく見守ってくださりありがとうございます。


現在は不定期配信中ですが、私の英語熱は全く衰えておりません(>_<)
今後も「おもしろいな」と思ったこと、役立ちそうなフレーズや勉強法など、
どんどんシェアしていけたらと思っております。


ぜひ末永くお付き合いいただけると嬉しいです。

今回は最近のツイートの中から、動詞hitを使ったイディオムをピックアップ
し、クイズ形式でご紹介しますね!
(本メルマガ用に、ビジネスシーンで使えそうな例文にしてみました)


 ☆私のTwitterアカウント:http://www.twitter.com/romyscafe

 ※本メルマガを解除されたい方は、お手数ですが下記よりお願いいたします
  ⇒ http://www.romyscafe.com/material/mail/form.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 同僚と差がつく!毎朝10秒のビジネス英語習慣 2014/11/14 vol.1628 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ■ 今週のテーマ【ネイティブが使う定番のフレーズ】
 ■ 今日のシチュエーション【hitを使ったイディオム】

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■ 今日の単語&イディオム

 ・hit:(〜を)打つ、たたく
 ・shelves:shelf(棚)の複数形
 ・product:製品
 ・ground:地面
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

 □ バックナンバー: バグ発生につき、現在非公開です(>_<)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【次のフレーズの意味を考えてみてください】


 ◆ 新製品に関するアナウンス

 “Our new products will hit the shelves in mid-December.”

  |
  |
  |
  |
  ↓

 直訳すると「当社の新製品は12月中旬に棚を打ちます」だから・・・

  |
  |
  |
  |
  ↓
   
【解答】

 当社の新製品は12月中旬に店頭に並びます(発売されます) 


【解説】

 * 「商品棚を打つ、たたく」→「店頭に並ぶ」という意味になります。
   イメージしやすいイディオムですね。


 * hit the shelves of department stores なら「デパートに並ぶ」、
   hit the shelves in Japan なら「日本で発売される」という意味に。


---------------------------------------------------------------------

 ◆ 欲しい人材について言及

 “I need someone who can hit the ground running.”

  |
  |
  |
  |
  ↓

 直訳すると「走りながら地面を打つことができる人(着地するなり走れる
 人)が必要です」だから・・・

  |
  |
  |
  |
  ↓
   
【解答】

 即戦力になれる人が必要です


【解説】

 * 「地面を打つなりすぐ走れる」ということで、「すぐさま本格的に始動
   する、即戦力になる」という意味になります。


 * hit the ground running のイメージをイラストで表現してみました!
   ⇒ http://instagram.com/p/vVIxJ-l4Ch/  


 * 海外ドラマのセリフでも登場したのでご紹介しますね。

   I need someone in Miami who can hit the ground running.
   (マイアミですぐに動ける人が必要だ)
   …「バーン・ノーティス」シーズン7-1


   Maybe you could schedule a staff meeting so I could hit
   the ground running on Monday.
   (月曜日から本格始動できるようにスタッフミーティングを組んで
    もらえたらと思います)
   …「デスパレートな妻たち」シーズン5-13



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

* せっかくの「10周年」という大台を、不定期配信・バックナンバーブロ
  グは閉鎖中というボロボロな状況で迎えてしまいましたが(T_T)


  10年という年月、やはり感慨深いものがあります。


  もともとは入社3年目のときに趣味で始めたものですが、その後独立→
  上京→出版…と人生を大きく変えるきっかけになってしまいました!


  それもこれも、メルマガの人気投票(なつかしい…)やセミナーへのご参
  加、拙著のご購入、励みになるメッセージ(Twitterでのフォロー、RTや
  favもです!)などなど、さまざまな形で支えてくださった読者の皆さまの
  おかげです。


  本当に本当にありがとうございました!
  I can't thank you enough...


  また以前のように、日刊に近い形で配信できる日までどうにか継続して
  いきたいと思いますので、しばらくこういった形で不定期配信させていた
  だけると幸いです。


  当初の形とはまったく違ったものになってしまうかと思いますが、ぜひ
  お付き合いいただけると嬉しいです。


* さて、hitを使ったイディオム、もう少しご紹介したいと思います。

  洋画やドラマにもよく登場する定番フレーズです♪


  ★hit the sack(hay)=go to bed(寝る)
   (直訳:ずた袋(干し草)を叩く)
   ※昔、干し草を詰めた袋をベッド代わりにしていたことに由来。


  (例)I'm exhausted. Gotta hit the sack(hay)!
     (もうクタクタ。寝なきゃ!)


  ★hit the road=道を打つ→出発する、旅に出る

  ★hit the books=本を打つ→猛勉強する

  ★hit the big screen=大きなスクリーンを打つ→映画が公開される、
   TVドラマや本などが映画化される


  (例)Mission:Impossible5 will hit the big screen on Dec 25, 2015.
     (MI5が2015年12月25日に劇場公開される)


  (例)Read this book before it hits the big screen!
     (この本、映画化される前に読んでみて!)


   ※上記イディオムのイメージイラストはこちら
   ⇒ http://instagram.com/p/vVJDtgl4DY/


  ★hit it off=意気投合する
  (例)We hit it off right away.
     (私たちはすぐ意気投合した)…映画「シカゴ」(2003)より


  ★hit on=口説く
  (例)Are you hitting on me?
     (私を口説いてるの?)…映画「キューティ・ブロンド」(2001)


  ぜひ機会を見つけて使ってみてくださいね。


* 約10年来の友人にして英語メルマガ発行者仲間である湯川彰浩さんが、
  とっても分りやすいリーディングの本を出版されました!


  その名も「1万人の答案から学ぶ 日本人の英語リーディング29の
  ルール」。
  ⇒ http://delta-scope.com/book_29reading.html


  湯川さんはこれまで1万人以上もの英文を添削してきたプロ。

  だから日本人がつまづきやすいポイントやよくある間違いに精通している
  んですね。


  本書は、英文読解に欠かせない英文法知識が分かりやすく解説されている
  ので、英文法のおさらいも効率よくできます。

  (「長文の主部と述部を見つける」というごく基本から始まります)


  英文法知識があやふやだと、とても長文読解などできないですよね。


  ほか、私的おすすめポイント↓

  ★冒頭に「よくある間違った解釈例」があって面白い

  ★解説が「生徒と先生の会話形式」で読みやすい

  ★長文問題が堅苦しくなく、ちょっとほっこりしたり「なるほど」と
   思えたりするものばかりで楽しい


  受験生はもちろん、英語の先生や英語をやり直したい大人の方にもおすす
  めです。


  気になる方はぜひ公式サイトをご覧になってみてくださいね。

  ★1万人の答案から学ぶ 日本人の英語リーディング29のルール
  ⇒ http://delta-scope.com/book_29reading.html


* それでは皆さま、本日もお付き合いいただきありがとうございました。
  Thanks a lot for reading and see you soon♪

  明日からまた一年一年、新たな気持ちで積み重ねていきたいと思います
  (*^-^*)


                              (ROMY)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

author


ROMY(ろみ〜)こと 有子山博美(うじやまひろみ)です。
Romy's English Cafe主宰。

newsletter

同僚と差がつく!毎朝10秒のビジネス英語習慣
毎朝2センテンスずつお届けします。登録無料&いつでも解除できますので、お気軽にどうぞ *
お名前:
メールアドレス(PC):
≫バックナンバー
≫文庫版はこちら!
≫読者さんの声
(注)携帯電話のアドレスには対応しておりません。

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

ネイティブが本当に使っている 45の話せる英文法
ネイティブが本当に使っている 45の話せる英文法 (JUGEMレビュー »)
有子山 博美
海外ドラマに登場するセリフを徹底分析してご紹介。

recommend

recommend

留学しないで、英語の超★達人!―国内でネイティブ並みの英語力を身につける方法
留学しないで、英語の超★達人!―国内でネイティブ並みの英語力を身につける方法 (JUGEMレビュー »)
有子山 博美
単語暗記法から英会話、TOEIC対策まで、英語学習法のすべてを詰め込みました!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM