アナと雪の女王「Love Is an Open Door」で英会話★

  • 2014.06.17 Tuesday
  • 12:39
新刊『イラストでわかる!どんどん話すための中学英語55の定番動詞
で取り上げたフレーズは、洋画や海外ドラマなど「ネイティブの日常会話」
をベースにしているので当然といえば当然なのですが、
アナ雪の歌やセリフにもたくさん登場しています雪

今回もそのうちの一つをご紹介しますねニコ
 
「意味や意図を持つ」という意味の動詞meanを受身形にしたフレーズ、
be meant to 動詞/for 名詞で「〜するよう運命づけられて(意図されて)いる」
「〜するために生まれた(〜用に作られた)」。


(例)We're meant to be together (meant for each other).
私達は一緒になる運命だ。

アナ雪の「Love Is an Open Door」では次のように登場していますDocomo80
(1:40〜) You and I were just meant to be.


この曲はひと目惚れソングなので、誰かと意気投合したときに
そのまま使えそうなフレーズもたくさん!
ぜひストックしておきましょう★

Docomo80I was thinking the same thing!
(僕も同じこと考えてた!)

Docomo80That's what I was gonna say!
(僕もそれを言おうとしてた!)

Docomo80I've never met someone who thinks so much like me.
(こんなにも同じ考えの人と出会ったのは初めて)

ちなみに真ん中あたりに登場するやりとり、

Hans: I mean it's crazy
Anna: What?

Hans: We finish each other's
Anna: Sandwiches


この"finish each other's sandwiches"というフレーズが分からなかったので、
Google.comで検索してみたところ、次の説明がヒットしました。

(Generally: to finish someone's sandwiches).
To interrupt a person, assuming incorrectly that you know
what he or she is going to say.
Inspired by an exchange from Arrested Development:

Michael: It's like we finish each other's...
Lindsay: Sandwiches?
Michael: Sentences. Why would I say...
Lindsay: Sandwiches?

Person A: "I think I'd like..."
Person B: "Ice cream?"
Person A: "To go home. Stop finishing my sandwiches."

Docomo120Urban Dictionaryより

つまりもともとは"finish each other's sentences"が正しく、
sandwichesはあるドラマから生まれたパロディなんですね★

finish each other's sentencesは「おたがいの文章を終える」
つまり「相手の言いたいことが(最後まで聞かなくても)分かっちゃう」
ということ。
read each other's minds(お互いの考えが読める)と似ています。

finish each other's sentencesの例)
A:こんな暑い日にはさ〜
B:あえて野外でバーベキューだよね!
A:そうそう!!

逆にsandwichesといった場合、Urban Dictionaryでの会話例のように、
「相手の言いたいことを取り違える」という意味になりますよね。

う〜ん、これは何かの伏線? などと勘ぐってしまいますがw、
ネイティブの友人に意見を聞いたところ、
「ここは単純にギャグでしょう!!」とのこと。
(原文:
It is strictly for humor because you would expect it to be "sentences".)

とりあえず私たちは、sentenceのほうを覚えておきましょう手

Docomo80We finish each other's sentences.
(私たちはお互いの考えていることが分かるんです)


ちなみに、私は↓こういう分析も好きですw
【ネタバレ】アナ雪の本当は怖い『Love is an the door』

↓こちらもよろしくお願いしますDocomo118
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

author


ROMY(ろみ〜)こと 有子山博美(うじやまひろみ)です。
Romy's English Cafe主宰。

newsletter

同僚と差がつく!毎朝10秒のビジネス英語習慣
毎朝2センテンスずつお届けします。登録無料&いつでも解除できますので、お気軽にどうぞ *
お名前:
メールアドレス(PC):
≫バックナンバー
≫文庫版はこちら!
≫読者さんの声
(注)携帯電話のアドレスには対応しておりません。

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

ネイティブが本当に使っている 45の話せる英文法
ネイティブが本当に使っている 45の話せる英文法 (JUGEMレビュー »)
有子山 博美
海外ドラマに登場するセリフを徹底分析してご紹介。

recommend

recommend

留学しないで、英語の超★達人!―国内でネイティブ並みの英語力を身につける方法
留学しないで、英語の超★達人!―国内でネイティブ並みの英語力を身につける方法 (JUGEMレビュー »)
有子山 博美
単語暗記法から英会話、TOEIC対策まで、英語学習法のすべてを詰め込みました!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM